社会人留学後の失敗しない日本での就職活動の準備って?履歴書の書き方や就職先の探し方は?

社会人を経験してから留学をすると、やはり「就職活動の大変さ」というものは、過去に身をもって体験されている方が多いと思います。

だからこそ、帰国後の就職活動のことを考えると、これからの新しい未来のキャリアアップへの期待と同時にスムーズに内定が獲れるかと不安な気持ちにもなるものです。

今日は「帰国してからどうやって仕事を見つけるのか」「就職活動は帰国してからでいいのか?」など、社会人の方が留学後の就職に関して不安な気持ちに対して、ひとつでも参考になるような情報を共有できればと思います。

社会人留学後の就職活動の決めとなる履歴書

私は新卒で5年間、日本の企業に勤務したのち、1年間語学留学をして帰国後に外資系ホテルに正社員として勤務しました。
帰国から就職が決まるまでの1年間は希望する職種、勤務先の求人を待って、英語の話せる派遣社員という条件で販売店で接客の技術を身につけました。
帰国したときには「すぐに仕事は決まるだろう」という気持ちでいましたが、やはり希望職種へのこだわりがあり、なかなか求人のタイミングに出会えずに、帰国後1年間は常に求人情報をチェックする毎日でした。

就職活動において必ず必要な「履歴書」「エントリーシート」「レジュメ」「カバーレター」ですが、作成には時間と労力が必要なことは、一度社会人を経験された方であればお分かりだと思います。
「この内容でいいのだろうか?」「分かりにくい箇所はないだろうか?」と第三者にチェックをしてもらった方が安心ですが、帰国してから誰に頼めばいいのか・・・など、学生時代のようにキャリアカウンセラーなどに頼れないとなると不安にもなります。

そこでお勧めなのが、履歴書、エントリーシート、レジュメ、カバーレターに関しては遅くとも「留学中」に作成し始めて、何度も内容を見直し、校正しながら最終的にベストなものを仕上げる方法です。
留学中であれば、学校の先生や先輩などに目を通してもらうことも可能かと思います。

留学中にしていない!そんなときは・・・?

もし留学中に書類の準備をしておらず帰国してから準備するとなっても大丈夫です。
ウェブサイト上で検索をすると履歴書の書き方を調べることが出来ます。
またカバーレターなどのテンプレートをダウンロードすれば書き方の参考となります。

留学後の就職活動で必要な履歴書の書き方

では、レジュメ、履歴書の内容についてですが、留学していた期間はいわゆる仕事から離れていた「ブランク期間」となります。
ご存知の方も多いとは思いますが、留学にはいくつか種類があります。

・正規留学

現地で学士、修士、博士号取得を目的として卒業を目指す留学のこと。
語学習得というよりは、専門分野知識習得のための留学である。

・語学留学、短期留学

1週間、1か月など短期でも留学することができる。

一般的に「1年未満の海外留学は学歴に記載しない」ものです。
また語学留学は学歴とはならないのです。
逆に1年以上の正規留学経験は学歴となり、学歴欄に記入します。
人事が「留学」という評価をするのは正規留学と言われていますが、私の経験から言うと、例え短期の語学留学であっても、履歴書に学歴としては記載できませんが面接で留学についてアピールの仕方によっては人事の評価も得られないとは限らないということです。

社会人の正規留学の場合は最終学歴に追加して記入します。
また、経歴欄にも併せて記入しておくとよいでしょう。
「20××年×月~20××年×月(1年間)アメリカ △△州 〇〇大学 ××学科 入学」
「20××年×月~20××年×月(1年間)アメリカ △△州 〇〇大学 ××学科 卒業」
(志望企業が日本企業であれば元号でも構いません)
(志望企業が外資系であればアルファベット表記でも構いません)

語学留学の場合は、学位を取得する留学ではないため資格欄もしくは語学欄があればそちらに「語学留学」だと分かるように記入します。
「平成××年×月 アメリカ △△州 〇〇大学付属語学学校 語学留学(×ヶ月)」
(語学留学期間を最後に記入します)
(語学力をアピールする場合は「ビジネスレベル英語 TOEICスコア〇〇〇」など書きます)

留学後の就職先の見つけ方

では、具体的にどのように求人や志望企業を見つけたらいいのか?ということをご紹介していきます。

①帰国後に日本で開催しているキャリアフェア(留学経験者向けイベント)に行く。

キャリアフォーラム、マイナビ国際派就職などウェブサイトで開催日を調べておきます。
キャリアフォーラムにおいては、ある年度は夏、冬と年に2回開催されたようです。
また「単なる合同企業説明会ではなくイベント当日に面接選考があり」と謳っているので、事前にイベント内容や参加企業を確認してみてください。

②オンライン上で求人検索する。

リクナビNEXT、シフトワークス(アルバイト)、インディードなどの求人サイトを利用する。
「英語 外資系 留学経験」と実際にキーワード検索してみましたが、英語を活かせる色々な企業がヒットしました。

まとめ

DISCO「採用活動に関する企業調査」(2016年7月)によると、企業が留学経験者を採用する目的として

①優秀な人財を確保するため
②海外経験で培った感性、国際感覚等を発揮してもらうため
③社員への影響も含めた社内活性化のため

という結果が出ています。
大事なことは留学をしたことにより、「何を学び」「問題にぶつかったときどう乗り越えた」など、留学そのものが、どのように自分の人生の糧となり、仕事における「キャリアアップ」に繋げるための手段となったことをアピールするかが「優秀な人財」と判断されるポイントではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください