海の中道海浜公園でサイクリングをしよう!子供用の自転車やママチャリの選び方のポイントもご紹介!

福岡市東区なのに見た目には北の方にある海の中道海浜公園。

あなどれないのはその広さです。

歩いてまわるにはあまりに広い・・・

とにかく広いんです。

面積は約250ヘクタールにもなります。

そんな広い公園を移動するには徒歩では大変!

海の中道海浜公園内の移動手段は大きく自転車と園内バスの2つに分けられます。

もちろん徒歩でも不可能ではありませんが、バテること間違いなし。

またとてもではありませんが、時間も足りなくなってしまいます。

今回の記事では、海の中道海浜公園の貸し自転車について書いてみたいと思います。

海の中道海浜公園内の移動をサイクリングで楽しもう!

海の中道海浜公園は大きな公園のため、入り口があちらこちらにあります。
車で行くときにおすすめなのは西駐車場です。
西駐車場に車を駐めると、西サイクリングセンター口か西口から海浜公園に入ることになります。
どちらから入ってもいいのですが、貸し自転車があるのは、西サイクリングセンター口です。1)入り口によって貸し自転車がある入り口とない入り口があります。貸し自転車がある入り口は、西サイクリングセンター口(約1000台)、ワンダーワールド口(約250台)、海の中道駅口(約200台)、光と風の広場口(約150台)です。

貸し自転車の料金は、

3時間 超過料金30分ごと 1日券
大人15歳以上 400円 70円 700円
小人中学生以下 250円 30円 400円
電動アシスト付 1000円+補償金1000円

子供用ヘルメットは無料貸し出しがあります。
お子さんにはヘルメットをかぶせておきましょう。
小学生くらいのお子さんだとかぶっているお子さんがかなり多い気がします。

ペットは公共交通機関で使用可能とされているケージ等にいれれば同伴可能です。
公園内を散歩させるにはリードが必要なのでリードも持って行きましょう。

今回は3人で行ったので、3人分の自転車券を購入です。
長居する予定なので、1日券を購入しました。
海の中道海浜公園の森の家って何するところ?子供も楽しめる体験をして来ました!
海の中道海浜公園に春の花、ネモフィラを見に行って来た!花の丘は青い花でいっぱいに!

3時間の自転車券を購入したけれど、延長してしまった場合は、自転車を返却するときに清算するという形になります。
1日券を購入した場合も、3時間券を購入した場合も、返却時に自転車券の控えが必要になるので、なくさないように保管しておきましょう。2)1日券の場合は清算するという訳ではなく、1日券を持っていることを確認されます。持っていないと1日券を購入したことを証明できないので、1日券を購入したときもなくしてはダメですよ。

色々な自転車があります。

2人で乗れる自転車です。
カップルや友達同士で乗ってみてはいかがでしょうか。
ただ、意外と乗るのが難しいかもしれません。
普段あまり乗れる自転車ではないので、自転車に乗ることそのものも楽しめるのではないでしょうか。

実際に乗ってみると、サドルのクッション部分が薄い気がしました。
返却時間に近づくにつれて、どんどんお尻が痛くなってしまいました(笑)

補助付きの子供用自転車もあります。

子供用自転車の選び方のポイントは?

お子さんの自転車はどう選べばいいのでしょうか。
あまり体に合っていない自転車に乗るとケガをしやすくなったり、疲れやすくなってしまいます。
いくつかお子さんの自転車を選ぶ際のポイントをあげてみますね。

・サドルに座った状態で、両足のつま先が地面につく
・ブレーキを使って止まることができる
・自分ひとりで乗り降りができて、スタンドを使って自分で自転車をとめることができる
・自転車をまっすぐ走らせることができ、曲がることができる

この辺りに注意して自転車を選ぶといいと思います。
そうは言っても普段載っている自転車の感覚と少し違うところも出てきますよね。
慣れない自転車だと転んでけがをしやすくなることもあるかもしれません。
無料で借りられる子供用ヘルメットがあります。
せっかく楽しく遊びに来たのに怪我をしては楽しめません。

海の中道海浜公園のママチャリの選び方のポイントは?

基本的には子供用自転車でなければママチャリに乗ると思います。
公園内を移動するための手段なので、そんなに全力で漕ぐこともないし、小さいお子さんも自転車に乗っていることが多いのでそんなにスピードをだしては危険です。
ゆっくり漕いで移動するということになるので、サドルに座って足が全く届かないようなサイズは避けたほうがいいです。
危険なときに両足がつくというのは大事です。
子供たちがたくさんいるので、思わぬ動きをされても対処できるサイズがおススメですよ。

まとめ

今回の記事では、海の中道海浜公園の貸し自転車についてついて書いてみました。

海の中道海浜公園内の移動は、自転車か園内バスがメインになると思います。
公園内を自由にウロウロするにはやはり自転車が1番動きやすいのではないでしょうか。
自転車のサイズは本当に豊富です。
お子さんでも安心して乗ることができるサイズがあると思います。

お子さんの自転車のサイズは特に注意して選びましょう。
自転車を借りるところ付近できちんと乗れるか見ておいた方が安心です。
公園がかなり広いので、長時間自転車に乗って移動することになります。
始めは体力があるのでいいのですが、疲れてくると体に合っていない自転車は負担になります。
途中でバテてしまわないようにするためにも、自転車のサイズ選びは本当に大事ですよ。
また、無料で子供用ヘルメットを借りることができるので、きちんとお子さんにかぶせておくとさらに安心です。

自転車は持ち込みがOKなので、借りるのはいや!という場合でも、自分で持って来れば、園内のサイクリングをmy自転車で楽しむことが出来ます。
ぜひ、海の中道海浜公園で楽しい時間を過ごしてくださいね!

詳細な地図や周辺情報はこちら【楽天たびノート】

References   [ + ]

1. 入り口によって貸し自転車がある入り口とない入り口があります。貸し自転車がある入り口は、西サイクリングセンター口(約1000台)、ワンダーワールド口(約250台)、海の中道駅口(約200台)、光と風の広場口(約150台)です。
2. 1日券の場合は清算するという訳ではなく、1日券を持っていることを確認されます。持っていないと1日券を購入したことを証明できないので、1日券を購入したときもなくしてはダメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください