入学式のママのマナーは足下から見られている!失敗しないパンプスの選び方

子供と親にとって「入学式」は新しい人生の第一歩、とても大切な日です。

ご縁があって出会う先生やお友達のママたちに、できるだけよい印象を与えたいものです。

そんな大切な日のためにママ自身も、スーツやバッグそして靴など入学式に向けて買い揃えなければいけないこともあるのではないでしょうか。

せっかく全身コーディネートをして買った靴が、実は「入学式においてはマナー違反だった」となってしまっては、買う前に知っていれば・・・と後悔することにもなりかねません。

今日は「入学式のママのパンプスのマナー」というテーマでお話を進めていきます。

「色は?」「デザインは?」「素材は?」など、入学式に相応しいパンプス、逆に相応しくないパンプスとは一体どんなものなのかをご紹介します。

入学式の準備で見落としがちなママのパンプスマナー

まず「入学式のためにパンプスを新しく購入する」という予定の方も多いと思いますので参考までに。
「靴は夕方に買いなさい!」と聞いたことがあります。
夕方になると足が浮腫み、最大1センチくらいサイズに誤差が出るというのが根拠のようですが、最近では「夕方」という時間帯の限定ではなく、「靴を履いて移動することが多い時間帯」に買うことが「自分の足に合ったサイズ」を選ぶポイントのようです。
靴を履いて歩いている間は、足への負担が大きいため、このタイミングで新しい靴のサイズを選ぶのが自分に合った靴のサイズを選ぶヒントのようです。

さて、では入学式のママのパンプスのマナーとはどのようなことがあるのでしょうか?

①パンプスのヒールの高さは3~7センチ

一般的に7センチヒールは足を綺麗に見せる効果があると言われています。
ただし、移動をしたり歩いたりしなければならない入学式で履きなれていない7センチのヒールは、足に負担がかかってしまいますので、ヒールに慣れていない方は7センチより低い5センチくらいでも大丈夫です。

マナー違反となってしまうのは?

3センチより低いローヒールやフラットシューズ(ヒールがついていない靴)は、フォーマルな場にはカジュアルすぎて相応しくないためNGです。
ただし、妊娠しているなどの理由がある場合は、この限りではありません。
また、8センチ以上の高さのヒールや細すぎるピンヒールは品格を損なうため入学式においてはNGとされています。
ほかにもブーツ、スニーカーはマナー違反となります。

②パンプスの先端の形は大きく2種類

・ポインテッドトゥ

靴の先端が尖った形をしています。
都会的でスタイリッシュ、出来る女性そしてママという印象を与えます。

・ラウンドトゥ

靴の先端が丸みを帯びた形をしています。
上品さを醸し出し、女性という印象よりもママという印象の方が強いです。

入学式にスーツを着るのであればポインテッドトゥ、ワンピースもしくはワンピーススーツであればラウンドトゥを合わせると全体的なファッションコーディネートのバランスが取りやすいと言われています。

マナー違反になるパンプスの種類は?

つま先が開いているオープントゥはフォーマルな場ではNGです。
つま先は覆っていても、踵にストラップがついていて踵が見えるバックストラップタイプの靴も、歩くときにペタペタと音が鳴ることがあるためNGです。

③入学式にぴったりなパンプスの色は?

スーツが明るい色であればベージュの靴を合わせるのがおすすめです。
黒色のパンプスは全体的な印象を引き締める効果があります。
また、パステルカラーも入学式が行われる春らしい雰囲気を持っているのでおすすめです。

基本的に、パンプスはシンプルなものがよいとされていますが、シンプルなデザインに飾りがひとつでパールやリボンなどのワンポイントなら大丈夫です。

マナー違反なパンプスの特徴

アニマル柄など柄付きはNGです。
また、ラメ、キラキラ、スパンコールも度を越えると派手な印象を与えるのでNG、控えておいた方がよいです。

スポンサーリンク

④どんな素材のパンプスがいいのか

・レザー(スエード)
・スムース(合成皮革)
・エナメル
エナメルに関しては、光沢のある靴は昼間は履かないというマナーもありますが入学式であればOKです。
ただし、格式を重んじる私立学校などの入学式では避けた方がよいです。

⑤パンプスを履くときは必ずストッキング着用すること

ストッキングの色は「無地肌色」です。
自分の足の色よりワントーン暗い色を選ぶと、足が細く見えます。
また足だけ白く浮くようなことを避けられます。

気をつけたいストッキングのあれこれ

タイツはどんなに寒くてもNGです。
また、黒色ストッキングはお葬式を連想させてしまいます。
入学式は華やかな場になるので黒色のストッキングは避けましょう。
柄の入ったストッキングは派手すぎる印章を与えてしまうのでNGです。

まとめ

パンプスひとつでも、マナーを守ることで相手に「きちんとしたママ」という第一印象を与えることが可能です。
過去に外資系ホテルに勤務していましたが、上司から教わったことのひとつに「靴にはその人の人格が出るからよく観察しなさい」という言葉がありました。
これはイタリアの諺です。
入学式に履くパンプスのマナーはもちろんのこと、汚れていないか、ヒール部分は傷んでいないかなど、併せて忘れずにチェックすることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください