簡単に格好いいバナーが作成できる作り方のコツと押さえておきたいポイントとは?

いざバナーを作ろうとすると、どうやって作ればいいのか難しいものです。

単に格好良く作ったとしても、クリックしてもらえないとバナーの存在価値はありません。

折角バナーを作るのであれば、格好よく、クリックしてもらえるバナーを作りたいですよね。

「プロっぽいバナーって初心者でも作れるの?」と疑問をお持ちの皆さんに、初心者に限らず誰でも「それっぽい」と思わせれるバナーの作り方をご紹介していきます。

プロっぽいバナーを作成したいのに素人感が出てしまう原因とは

まずは、プロっぽいバナーとは、具体的に言うとどんなバナーが思いつきますか。
そもそもバナーとは、その先にある商品やキャンペーンなどのサイトへユーザーを誘導させるための広告です。
素人くさくないデザインでも、ただ綺麗なだけでは、バナーとしての本来の役割が果たせていません。
バナーは、一目で情報が的確に分かるように作成されている必要があります。

しかし、情報をできるだけ盛り込みむと、見た目の問題もあるため素人くさくなってしまいます。
普段から、インターネットの検索を行い、数え切れない量のバナーを見ているのにも関わらず、0から作成すると、なぜかダサいバナーになってしまうとお悩みの方は多いのではないでしょうか。
ダサいバナーにはいくつかの特徴的な事例があります。

文字の大きさと配置

一つ目は、文字の大きさの強弱がなく、配置のバランスが悪く違和感を感じるデザインです。
作り始めに陥りやすい、誰しもが失敗してしまうポイントでしょう。
これはすぐに解決できるので、ご安心ください。

作成するバナーの内容で、タイトルに当たる部分は大きく、日付などは小見出しのように中間の大きさに、詳細事項は文章のようにさらに小さくすれば、何を一番に伝えたいのかがわかります。
文字の強弱を的確につけることで、目線の誘導にもなる利点あり、普段目にしているバナーも基本的に同様に作成されているはずです。
配置に関しては、全体のルールとして文字を、右寄せ・中央寄せにするかを決定してから作成すると、まとまりやすいでしょう。

色選び

二つ目は、原色や蛍光色の多様と色数の多さです。
初めのうちは、使いやすい原色や、強調したイメージを出したいと蛍光色を、あれもこれもと色をつけてしまいます。
そうすると、結果、全体的にまとまりがなくなり、何が強調されているのかが分からない状態です。
例えば、原色の黄色・赤・青を、それぞれの文字の背景に使っていくと、不思議と一昔前に見たようなバナーが完成するでしょう。

原色は、パステルカラーなどに比べて、目立つので使いやすい反面、色数が多いとそれぞれが主張してしまうことが、まとまりがなくなる原因です。
ベースの色を決め、元となる色に沿って、ベース・メイン・アクセントというように、色数は絞ってメリハリをつけることで、統一感を出していきましょう。

また、どこに使っても目立つ蛍光色は、使い勝手が難しい色です。
他の色とのバランスも難しくなり、使い過ぎたバナーは、見ていると目がチカチカしてしまい、文字の情報より先に色の情報が飛び込んできてしまうため、バナーの役割を果たしません。
初心者のうちは、蛍光色を使うことは、控えた方が作成しやすいでしょう。

素人でもできるプロが作ったようなバナー作成のポイント

バナー作成のデザイン面のポイントについて、おおまかにご紹介しました。
基本的には、バナーに限らずにどんなものを作成するのにも、色・文字・配置の3点のバランスは必要になります。
では次に、バナーに掲載する内容について解説していくので、ご参考ください。

バナーはホームページ全体の大きさに比べ、ほんのわずかのスペースに掲載されます。
狭いスペースに、作られているにも関わらず、そのバナーが何についてなのか、どういう意図をもっているのかが、一目で分かる内容が載っていることがポイントの部分です。

たくさんの情報を載せれないので、一番言いたいことをメインに載せ、見てもらった方に興味を与えることで、クリックしてもらえるために、載せる情報は的確なもの絞っています。

この考え方が、バナーを作成する上で、最も重要になります。

まとめ

初心者でも、格好良く、クリックしてもらえるバナーの作り方について説明しました。
素人っぽいバナーにしてしまわないためには、色・文字・配置の3点のバランスが大切です。
この3点に気を付けて、プロが作ったようなバナーを作りましょう。
バナーを作るためのソフトのおすすめは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください