七五三のお祝いっていつ渡すべきなの?相場やおすすめのプレゼントは?

七五三を迎えるお子さんが身近にいれば、悩むのがそのお祝い。

誕生日やクリスマスのプレゼントならまだイメージしやすいけれど、七五三となると、どんなものがいいのか一気に難易度が上がる気がします。

加えて、せっかくお祝いを渡すのであれば適切な時期に渡したいものですよね。

七五三のお祝い時期、相場、プレゼントについては情報を集めてみましたので、これから七五三のお祝いを考えている方は是非参考にしてみてください。

七五三のお祝いを渡し時期はいつからいつまで?

一般的に七五三さんは11月15日に行う行事とされています。
ですので11月15日までにお渡しするというのが基本になります。
しかし、七五三のお祝いをした後に食事会をしないという場合や、そもそも11月15日に七五三をしないということが分かっていると、微妙ですよね。
11月15日当日にお渡しできない時にはどうすれば良いのでしょうか。

七五三のお祝いは10月中旬頃からお渡ししても良いとされています。
ですので当日に渡すことのできない方は10月中旬以降で時間が作れる日にお祝いを渡すようにすると良いでしょう。
七五三さんはお祝い事ですので訪問する際には出来るだけ日の良い日を選んで行くのも気遣いの1つです。
どうしても日にちが合わないという方は仏滅は避けて訪問されると良いでしょう。

当日お祝いを渡す場合はどのタイミングで渡したらいいの?

お祝いを渡すタイミングは始めが基本です。
良くお食事会などに呼ばれる事があると思うのですがその際には、食事会が始まる前に親御さんにお渡しするようにしましょう。
中にはご祝儀を持参されていない親族もいるかもしれません。
なるべく目だだないような形でお渡しするのがベストです。
少しの配慮がポイントになります。

お祝いの相場はいくら?

どんなお祝いに置いても、その相場はある程度決まっています。
相場の金額を元にお金を包むと恥を書く事はありませんよ。
知人の子供であれば3000〜5000円。
甥や姪であれば5000〜10000円。
孫であれば10000〜30000円。
上記が相場の金額とされています。
お祝いを渡す方とお子さんの関係が何に当たるのかによって金額が異なりますのでお祝いを包む際には注意しましょう。
またお食事会に呼ばれている時には基本の金額プラスαでお金を包むと親切です。
基本的には現金でお渡しする方が多いですが、最近では図書カードなどの商品券をお渡しする方も増えているようです。
また親族が多くいる方については親族間で金額を決めてお渡しすると良いでしょう。

お子さんにも親御さんにも喜んでもらえるおすすめプレゼントは?

七五三のお祝いは基本的にお子さんに向けてのお祝いです。
現金が多いですが、最近では図書カードなども人気があるようです。
また、洋服、祝い菓子、おもちゃなども喜ばれるプレゼントになっています。

プレゼントの内容はお子さんの年齢や男女によっても異なると思います。
男の子であればスポーツ用品やゲームが人気です。
その子が何のスポーツをやっているのかリサーチして選んであげるのも良いでしょう。
女の子であれば小物や文具が喜ばれています。
女の子は小さくてもオシャレ好きです。
バックや帽子などは人気があります。

商品に困った時には同じくらいの年代の子に何が欲しいかリサーチするのも良いですし、直接本人へ何が欲しいか聞いてみるのも良いでしょう。
せっかくお祝いをあげるなら本人が喜ぶものが1番ですよね。
勿論お祝いなので気持ちがこもっていればどんな物でももらう側は嬉しいはずです。
お子さんの場合は失敗はないですよ。
親御さんのことも考えたら祝い菓子や商品券が1番有難いと思うプレゼントだと思います。
実際私も娘の時にそう感じました。
プレゼントに迷ったら失敗のない図書カードにする事をお勧めします。
図書カードは男女問わず年齢に関係なく使えるものです。

まとめ

いかがだったでしょうか!
七五三に関して記載しましたが、実際に経験しないと分からないことばかりですよね。
誰もがそんな不安の中調べながら対応しているのです。
素敵なプレゼントに巡り合えますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください