「彼氏いらない」と公言している女性を好きになっちゃった!心理学から考える彼女を落とす方法とは

私、彼氏なんかいらないわ、そんな女性を落とす方法なんてあるのでしょうか?
20歳から30歳の男女で、公然と「私彼氏(彼女)いらないわ!」 と発言する人がおよそ3割弱いるそうです。
そんな事を聞いてしまうと、デートに誘ってもいいのかな?告白してもフラれるだけかな?と心配になるばかりですよね。

彼氏はいらない!と言っている女性を好きになっちゃった!

昨今、恋愛を嫌う男女が多くなったといわれますが、冒頭で書いた事を逆にとると、7割強の男女が出会いを求めているわけです。
決して少ない数字ではありません。
結婚制度を別にすれば、若者も、恋愛はしたいと思っているわけです。

でも、したくないと公言する人も3割いるわけです。
そして、残り3割に入っている女性を好きになってしまった時、困ってしまいますよね。
素直に諦めれば話は簡単ですが、こと恋愛に関しては素直にはなれませんよね。
なんとかならないものでしょうか。

本当に彼氏「いらない」の?

まずは、彼女が言う「彼氏いらない」宣言が本物かどうか確認する必要があります。
ところがこの判別が実に難しい。
何故かといえば、「彼氏いらない宣言」に至った理由が大きく問題になってくるからです。

例えば、過去に何か男性とのお付き合いの中でトラウマを持っている場合。
これはもう精神療法が必要ですから、とりあえず諦めるしかありません。
素人が民間に溢れる療法で治癒してあげようと思っても反って悪化するだけです。

それ以外に、趣味や仕事が楽しいとか、色んな理由がありますが、重要なのは
「彼氏いらない宣言」が精神的トラウマによるものか、そうでないか、この区分けが必要なのです。
でも、そんなこと、素人判別ではわかるはずがありません。
結果論から考えれば、方法は1つしかありません。

アタックして駄目ならば「何らかの病気だ」と割り切る事です。
フラれた、嫌われた、の問題ではなく、病気なんだと割り切ってしまうのです。

それは酷いと思われるでしょうが、これには根拠があります。

病気でないのに「彼氏いらない」宣言を叫ぶ女性の理由は千差万別です。
仕事や趣味が楽しい、稼いだお金は自分の為に使いたい、男は浮気する生き物だと思っている、過去の恋愛をひきずっている、容姿が良くないから恋愛を諦めている、とにかくモテルから特定の男なんか作りたくない、いい男がいない、恋愛がめんどうくさい、そもそも男になんかに興味がない、等等。
理由は、女性の数ほどありますし、そもそも言っている女性本人にも正確な理由なんかわかっていないのです。
しかし唯一いえることがあります。
それは、彼女達は間違いなく、恋には憧れを持っていることです。
結婚や、子供をつくる現実面は別にして、恋愛関係にはほとんどの女性が憧れています。

自分の口から「彼氏いらない」なんて言うこと自体、実は「彼氏欲しい」と言っていることに等しいのです。
本当に彼氏なんかいらないと思っている女性は、敢えてそんな事を口には出しません。
言う必要がないからです。
人は思っていない事は口にだしません。

心理学での浮気判別法で
「俺は絶対浮気なんかしない」と何度も口にする男性ほど浮気をする男だといわれています。
建前を、敢えて何度も口に出すのは深層下で自分に言い訳をしているのです。
心にもない嘘を言う自分への言い訳です。
それと同じ心理です。

つまり恋愛モードに持ち込むことは(病気)の女性でない限り確実にできます。
女性の方も、恋愛関係になることを望んでいるからです。
そんな女性が恋愛を予感させる男性の前で「彼氏いらない」宣告など基本言わないということです。
お判りでしょうか。
彼女達が「彼氏いらない」宣言をするのは、お目当ての男性が付近にいない時だけなのです。

男性の前で「彼氏いらない」宣言をしたのであれば、言われた事それ自体が大問題なのです。
大半の女性は、結婚には慎重ですが、恋愛には寛容です。憧れてさえいますから。
ですから、余程の事がないかぎり、好意を持っている男性に「彼氏いらない」宣言はしません。
言われてしまえば、少なくとも「好かれていない」可能性の方が高いということです。

勿論恋の駆け引きで、甘えるため、嫉妬させるため、わざと言うこともありますが、それは恋人関係に半ば入ったリア充同士の会話で、これから恋人関係になってもいいと思う相手には使わない、というより使えない言葉です。

つまり直接言われた男性は、あまり好かれてない現実があると、認識だけはしておく必要があります。
それを踏まえて、今後いかに好感度を上げていくか、それが重要になってきます。
彼女との関係性を再度構築しなおしましょう。

それじゃあどうしたらいいの?

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」という諺があります。
まず彼女の友人に取り入りましょう。
友人達に優しくします。
あなたがいかに優しくいい人か友人達の口から伝えてもらうのです。
褒め言葉は直接よりも間接的に聞かされる方が、効果が増します。

そしてこれは、彼女に軽いヤキモチを焼かせる効果にもなります。
あなたを好きとか嫌いとかではなく、彼女自身のプライドを少し傷つけるからです。
「なんで私じゃなく、友達なのよ」
こう、彼女の心の中に芽生えさせればシメタものです。

そして友人達と彼女とのグループでの食事会なり、アウトドア行事を企画しましょう。
勿論彼女の友人を通してでもいいですし、直接彼女を誘ってもいいです。
二人きりで無いことを強調し、友人も一緒だと伝えればいいのです。

これで彼女が「行かないと」言っても諦めてはいけません。
この誘いを3度続けましょう。
3度続けて断られれば、潔く諦めましょう。
あなたが余程嫌われていなければ、3回誘いの3回目では誘いに応じてくれるはずです。

食事に来てくれるようになれば、1歩前進です。
後はグループでの食事を何回か続け、最後に告白してみましょう。
彼女は悩むはずですが、ここまでくればまず大丈夫です。
だって彼女は、グループの中で一等賞になれたのですから。

まとめ

恋愛は劇的であればあるほど燃え上がるものです。
難題があればあるほど、実は結束力が強まります。

気が付けば、あなたはいつのまにか「彼氏いらない」宣告をしていた女性と一緒におしゃれなレストランで、友人達にどう「付き合ってる」かを伝えたらいいのか、談笑しているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください