九州のうどん店「ウエスト」のもつ鍋の料金や味は?1人でも注文できそう?

九州のチェーンうどん店のウエストをご存知でしょうか。

ウエストと言えば、私のイメージではうどん、焼き肉という感じですが、実はカフェや居酒屋、中華料理など色々な形態の店舗があります。

最近、はまっているのが、ウエストのもつ鍋。

もつ鍋って専門店などに行くと、結構な値段になります。

しかし、ウエストのもつ鍋はそんなことありません。

今回の記事では、チェーンうどん店「ウエスト」のもつ鍋について書いてみたいと思います。

九州のチェーンうどん店「ウエスト」のもつ鍋って1人でも頼めるの?

もつ鍋っていうと大人数で食べるイメージがありますよね。
ウエストのもつ鍋は1人でも頼むことはできるのでしょうか。

結論からいうと、1人でももつ鍋を注文することができます。
ただし、ウエストのもつ鍋の注文は2人前からの注文となっています。
ウエストのもつ鍋は1人前がそんなに多くないので、男性だと2人前くらいならペロリと完食してしまうと思います。
女性でも極端に小食でもない限りは、食べきれないということは少ないと思いますよ。

ウエストのもつ鍋の値段は?

ウエストのもつ鍋の驚くべきはその値段!
ありえないくらいに安いです。
もつ鍋は2人前から注文できるので、最も安くもつ鍋を食べようと思えば、600円でもつ鍋を楽しむことができます。
こんな値段でもつ鍋を楽しむことができるなんてすごいですね。

もつ鍋 300円
もつ 250円
野菜セット 280円
豆腐 200円
うどん 200円
おじやセット 220円

ウエストのもつ鍋の味って?

安いというのは分かっていただけたと思いますが、気になるのはその味ですよね。
安くても、美味しくなければ意味がありません。
その点、安心してください。
ウエストのもつ鍋は、値段に不相応なくらいにおいしいです。
しかもおいしさを3つも味わうことができます。

ウエストのもつ鍋のおすすめの食べ方をご紹介します。

ウエストのもつ鍋がどんな風に運ばれてくるのかというと、鍋に盛り付けた状態でテーブルに運ばれてきます。
その後カセットコンロで過熱して火を通していただきます。

テーブルに運ばれてきたときはこんな感じです。
これで2人前です。
ウエストのもつ鍋2人前

もつに火が通ったら、お椀によそっていただきます。
もつは後々を考えて少し残しておきましょう。
あとニンニクチップも食べてしまわず、ある程度残しておくことがおススメです。

鷹の爪が入っているのでちょっとピリッとします。
ここで残りが少しになってきたらいよいようどんの登場です。
うどんを注文するときに、出汁の追加もお願いしましょう。
先に出汁を注文しておくのが、ウエストのもつ鍋をおいしくいただくコツになります。

今回、追加注文したうどんは出汁につかっている感じですね。
ネギものっています。
これは店舗によって違ってきます。
他の店舗では、単にうどん麺のみの提供というところもあります。
出汁と一緒にうどんが来た場合は、一緒に追加をお願いした出汁を適量投入しましょう。
うどん麺のみで、運ばれてきた場合は追加の出汁をすべて投入しても大丈夫だと思います。

うどん面を投入し1)このうどん麺、意外と重たいので投入するときは注意しましょう。女性が鍋に投入される場合は、1人がうどんのお椀を持ち、もう1人が箸を使ってうどんを出汁がはねないようにうまくするといいと思います。さらにテーブルに備え付けのネギを投入です。
追加の出汁をすべて投入した後に、今回初めて、うどんが出汁につかった状態で運ばれて来たので、出汁の量が多い…
うどん麺の状態をみて出汁の量の調整をしましょう。

うどん麺をお椀によそったところです。
とてもおいしそうです。
ネギ好きの私は、ここにさらにネギを投入して食べます。

ここまででもつ鍋とうどんの二つの味を楽しむことができました。
さらに〆におじやを食べたいと思います。
きちんと出汁の量の調整ができているともつ鍋のいいだしが出ているので、おじやも絶品となります。
始めに、もつとニンニクチップを少し残しておくことをおすすめしたのは、このおじやまでしっかり味わうためです。

卵もご飯も2人前です。
店舗によっては1人前ずつ提供されることもあります。
2人前のおじやセットの注文であれば、ご飯が2つ、卵が2つという感じです。
ご飯はまとめて提供されてもそんなに問題ないのですが、卵は少し混ぜにくいですね。

ご飯を投入して、ご飯をしばらく煮込みます。
出汁を少し吸わせたら、溶き卵の投入です。
卵が固まったらいただきます。
とてもおいしくできました。

まとめ

今回の記事では、チェーンうどん店「ウエスト」のもつ鍋について書いてみました。
本当にリーズナブルでおすすめです。
しかも3つの味を楽しむことができます。
もつなべ、うどん、おじや…もうたまりませんね。

先におじやを注文してしまうと、残念なことにうどんを味わうことができません。
もつ鍋→うどん→おじやの順番は結構大事ですよ。

とてもおすすめですよ!

References   [ + ]

1. このうどん麺、意外と重たいので投入するときは注意しましょう。女性が鍋に投入される場合は、1人がうどんのお椀を持ち、もう1人が箸を使ってうどんを出汁がはねないようにうまくするといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください