パソコンを使うと肩こりがひどくなるのはキーボードが原因?ノートパソコンの時はどうする?

パソコンって便利ですよね。
インターネットで調べ物をしたり、データをまとめたり、文書を作成したりと大活躍します。
仕事やプライベートでパソコンを使うという方は結構多いのではないでしょうか?
中にはパソコンがないと生活できないという方もいらっしゃると思います。

そんな便利なパソコン。
問題なのはパソコンにバチバチ打ち込んでいると気になる肩こり。
ほんと不快ですよね。
揉んでもストレッチをしてもなかなか楽にならなかったり、一時的に楽になってもキーボードで文字を打ち込んでいると再び肩が痛くなったり。

今回はそんなパソコンの肩こりについて書いてみようと思います。

パソコンを使うと肩こりがひどくなるのはキーボードのせい?

わたくし、いよかんは仕事柄パソコンを1日打ち込んでいます。
悩みと言えば、とにかく肩が痛いこと。
肩が痛いのを通り越して、腕が痛くなったり、手の甲が痛くなったり…
さらには背中まで痛くなってしまっていました。
もうあちこちが痛いんですね。

なんとかならないかと、肩こりに優しいキーボードを探してみました。
するとありました。
なんだか変な形のキーボードですが、もうこのキーボードにかけるしかない!!と購入に踏み切りました。

名前はエルゴノミクスキーボードって言います。
なんだか名前はかっこいい感じです。

これはどんなキーボードかというと、人間の身体に合わせて作ったキーボードとイメージしてもらえるとちょうどいいかもしれません。
キーボードに合わせて手の位置を決めるのではなく人間の身体になるべく負担がかからないような手の位置になるように設計してくれたキーボードなんですね。
そのため肩こりや腱鞘炎で悩んでいる人の悩みが解消されることもあります。

エルゴノミクスキーボードで肩こり解消?

エルゴノミクスキーボードはこんな感じです。

普通のキーボードに比べるとキーの並びが変な感じです。
左右にキーが分かれいるため、手を自然な位置に置くことができるので楽ちんになります。
変なところに力が入らないので入力しやすくなります。
私が使っているのはこのキーボードよりも型が古いものですが、非常に楽になりました。

以前は、肩こりがひどいときは少し文字を打ち込んでは休憩し、また打ち込んでは休憩しという感じでパソコンを使っていました。
それがエルゴノミクスキーボードにかえるとめちゃめちゃ楽になりました。

エルゴノミクスキーボードにしたことで、完全に肩こりがなくなりましたと言いたいところですが、そこまでの効果はありませんでした。
しかし肩が痛いから休憩したり、腕が痛くなったり、背中が痛くなったりということはほとんどなくなっちゃいました。
ほんとにエルゴノミクスキーボード様様です!

キーボードを交換するだけで楽になるならいいですよね。
特にキーボードを毎日たくさん打ち込む方には肩こりなどの軽減が期待できるかもしれません。
おススメです!

デスクトップのパソコンであればキーボードを交換するればいいのですが、ノートパソコンの場合はどうしたらいいのでしょうか。
キーボードを取って付け替えるわけにもいきませんし…

スポンサーリンク

ノートパソコンを使ってるんだけど肩こりがひどい

私はノートパソコンはキーボードのキーの並びが悪いのかすぐに方が痛くなってしまうためあまり使えません。
肩だけでなく、腕、背中ともう体中が痛くなってしまうんです。
本当にノートパソコンのキーボードは嫌いです。

ノートパソコンのキーボードを交換するのは現実的には難しいと思いますが、実はエルゴノミクスキーボードってノートパソコンでも使えるんですね。
実際にノートパソコンにエルゴノミクスキーボードをつけて使っています。
本当に楽になりました。

ただ、問題点が1つあります。
それはとにかく邪魔なんです。
ノートパソコンのキーボードにさらにキーボードをつけるので、とにかく場所を取ります。
ノートパソコンとそんなに大きさの変わらない机に置いている状態だと、キーボードを置く場所がないかもしれませんね。
その時はまずはキーボードを置けるようにしないといけませんが…

基本的にエルゴノミクスキーボードはノートパソコンにもくっつくと思います。
心配な方は1度メーカーに問い合わせて購入してもいいかもしれませんね。

まとめ

今回の記事ではパソコンを使っているとでる肩こりに優しいキーボードの紹介でした。
キーボード変えたくらいで肩こりが楽になるなんて…と思っていましたが、もうあまりに肩や身体が痛くて藁にもすがる思いで購入しました。
これが大正解!
きれいに肩こりが治りましたと言えるところまでの効果はありませんでしたが、痛みの減ったことから考えると快適なパソコンライフになりました。
もし実物に触れるのであれば実際に触ってみるといいですよ。
普通のキーボードと形が随分違うので、慣れるまでは使いにくいです。
慣れてしまうと今までのキーボードには戻れません。

私は自宅用と職場用の2台を購入してしまいました。
ちょっと大きくて邪魔ではあるのですが、肩こりの症状の軽減具合から考えると邪魔であることはデメリットではありませんでした。
もし、パソコンを使って肩こりがひどいというときには、肩こりを軽くするための1つの手段としてはアリではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください